• TOP
  • 大学案内
  • 学部・学科
  • 入試情報
  • 就職情報
  • 学生生活
  • 卒業生の方へ
  • 生涯学習・社会貢献

福祉学科

 

福祉学科で身につく力

人を理解する力×人を支援する力×他分野との協働する力

福祉学科では、ヒューマンサービスの専門家に求められる倫理観とともに人がよりよく生きることを支援するために必要な知識と技術を身につけます。また、医療、教育、行政、地域などさまざまな分野の専門職と連携して働くための力を育みます。

福祉学科のブログはこちら

学びのポイント

POINT1 実践的カリキュラム

実践とリンクした、演習・実習を多く組み込んだカリキュラム

ヒューマンサービスの専門家として、子ども、障害者、高齢者など各々を対象とした援助に必要な知識と技術の修得のために、できるだけ多くの時間を演習や実習にあてています。知識・技術の学びのみならず1年次から実践を重んじたカリキュラムを提供します。

POINT2 現状を知る

進路選択や就職の橋渡しとなる福祉の現場と連携した学び

すでに多くの卒業生がさまざまな福祉施設・機関、病院や学校などの現場で活躍しています。そのため、実習やボランティア活動を通して福祉の仕事の内容や現状を知る機会に恵まれており、自分に適した進路を発見することができます。

POINT3 資格取得

社会福祉士だけでなく、プラスアルファの資格取得が可能

福祉分野に対する社会的ニーズが高まり、活躍の場や職域の広がりに応じて、福祉分野で活かせる資格も多岐にわたっています。福祉学科では社会福祉士国家試験受験資格に加えて、より専門的なプラスアルファの資格取得が目指せます。

ピックアップカリキュラム

a.学校での保健活動を学ぶ【学校保健教育法】
b.保育現場での実践力を養う【総合演習】
c.子どもの発達と環境との関係を学ぶ【発達心理学Ⅰ】
d.社会福祉士に必要な知識を学ぶ【相談援助の理論と方法Ⅰ】
e.障害児の保育技術を学ぶ【障害児保育】
f.相談援助に必要な基礎を学ぶ【精神保健福祉援助実習Ⅰ】

資格・免許と進路

なりたい自分・目指す将来に合わせて選べる2コース制

福祉・心理・養護教諭コース

社会福祉士※に加え、精神保健福祉士※・認定心理士・養護教諭一種免許状のいずれかを取得することで、医療や児童、高齢者だけではなく、精神障害のある人を支えたり、相談業務を行ったり、学校現場で活躍したりと、より専門的な分野で活躍できる人材を養成します。
※国家試験受験資格

◆ 社会福祉士 〈国家試験受験資格〉

生活上の課題・問題を抱えている人の相談を受けたり、さまざまな専門職と協働して解決策を導き出す専門職です。


社会福祉士+1(プラスワン)の資格・免許

社会福祉士国家試験受験資格と同時に次の資格の中からもう一つ取得できます。

◆ 精神保健福祉士 〈国家試験受験資格〉

精神障害のある人の生活を支えます。病院をはじめとする保健・医療・福祉分野で活躍できます。

◆ 認定心理士 ※1

人の心理・行動の科学的理解に役立ちます。

※1 福祉学科のカリキュラムの中から、認定に必要な科目を履修し、(社)日本心理学会に申請すれば、認定心理士の資格を取得できます。認定心理士とは、心理学の専門家として仕事をするために必要な、標準的基礎知識と技能を修得していると日本心理学会が認定した人のことです。

◆ 養護教諭一種免許状

児童・生徒の心身の健康を支えます。福祉学科で学ぶ困難を抱える人を援助する知識・技術を活かして学校現場で活躍できます。


子ども家庭福祉コース

近年の保育士には、子どもの発達援助だけでなく、子育て支援、養育指導、障害児療育といった対人援助に関わる高度な知識・技術が必要とされます。そこで対人援助の専門職である社会福祉士※と保育士の両方を取得可能とし、「子どもだけでなく家庭の支援」もできる専門家を養成します。
※国家試験受験資格

◆ 社会福祉士 〈国家試験受験資格〉

生活上の課題・問題を抱えている人の相談を受けたり、さまざまな専門職と協働して解決策を導き出す専門職です。


社会福祉士+1(プラスワン)の資格・免許

社会福祉士国家試験受験資格と同時に次の資格の中からもう一つ取得できます。

◆ 保育士資格

子どもの心身の発達を援助すると同時に、子育て支援や特別なニーズのある子どもや家庭への支援においても活躍できます。


さらにもうひとつ

◆ 幼稚園教諭一種免許状 ※2

子ども家庭福祉コースにおいて、他大学との教育連携により取得可能な免許状です。将来、これまで以上に幅広い領域での活躍が期待できます。

※2 本学の保育士養成課程の全ての科目と別途開講される教育連携校が定める幼稚園課程の全ての科目の単位取得が必要となります。学納金とは別に、履修費用が必要となります。

資格取得後の進路

◆福祉の領域

障害者福祉分野 障害者支援施設、障害福祉サービス事業所など
精神保健福祉分野 精神科病院、精神科クリニック、障害者支援施設など
保育分野 保育所、子育て支援センターなど
医療福祉分野 病院など
子ども家庭福祉分野 乳児院、児童養護施設、障害児施設など
行政分野 市町村役場、福祉事務所、児童相談所など
高齢者福祉分野 特別養護老人ホーム、地域包括支援センターなど

◆教育の領域

養護教諭 小学校、中学校、高等学校、特別支援学校など

  • 在学生の方へ学内ポータルサイトログイン
  • 卒業生の方へ証明書の請求方法について
  • お問い合わせ先一覧

ページのトップに戻る