• TOP
  • 大学案内
  • 学部・学科
  • 入試情報
  • 就職情報
  • 学生生活
  • 卒業生の方へ
  • 生涯学習・社会貢献

観光文化学科

観光文化学科で身につく力

専門的な実務能力×語学力×社会人基礎力

旅行業や航空、ホテル、ブライダルなどの観光・サービス業界で役立つ実務能力と語学力を養います。また、商社、金融、サービスなど、どんなビジネスシーンでも活かせる社会人としての基礎的な学力も身につきます。

観光文化学科のブログはこちら

学びのポイント

POINT1 コース選択

就職を意識したコース制できめ細かな教育を提供

1年次から社会人として必要な基礎学力を身につけます。2年次からは、自分の興味や将来の進路に応じて「ツーリズムコース」か「ビジネスコース」を選択します。コース選択後も相互の科目が選択可能なので、バランス良く幅広い教養を身につけることができます。

POINT2 実践的な科目の充実

語学運用能力を身につける専門的な科目を用意

語学力を重視し、カナダや中国などの名門大学で約1か月間学ぶ「欧米文化交流研修」や「アジア文化交流研修」、キャビンアテンダント経験者による「エアライン英語」、さらに「英語通訳ガイド演習」など、実践的に語学を学ぶ科目が充実しています。

POINT3 資格取得

ビジネスシーンで役立つ資格取得をサポート

国家資格である「国内旅行業務取扱管理者」や「総合旅行業務取扱管理者」、「通訳案内士」の受験対策講座を用意しています。また、貿易実務検定、ビジネス能力検定、TOEICなど多数の資格・検定の取得を支援します。

ピックアップカリキュラム

a.ゼミによる研究や活動【専門演習Ⅱ】
b.社会で役立つ中国語を練習【上級中国語】
c.TOEICスコアの向上を目指す【TOEIC演習Ⅱ】
d.映画を見ながら文化を知る【映画で学ぶ世界遺産】
e.会社の仕組みや経済を知る【ビジネスファイナンス】
f.旅行会社での実務を学ぶ【海外旅行実務B】

資格・免許と進路

取得支援している主な資格・検定

国家資格「旅行業務取扱管理者」

「旅行業務取扱管理者」資格を取得することは旅行関連業界への就職のパスポート。充実した受験指導で在学中に合格へと導きます。「国内旅行業務取扱管理者」と「総合旅行業務取扱管理者」の2つの種類があります。

国家資格「通訳案内士」

英語と中国語の「通訳案内士」受験講座を用意しています。政府のビジット・ジャパン・キャンペーンにより今後ますます脚光を浴びる資格になるでしょう。

貿易実務検定

国際貿易のために貿易実務のエキスパートが求められています。貿易の実務能力・知識のレベルを客観的に測る検定試験が「貿易実務検定」です。

その他の資格・検定

  • ビジネスコミュニケーション検定
  • 旅行地理検定
  • 観光英語検定
  • コンピュータ関連【キータッチ2000、英語ビジネス文書作成技能検定】
  • 秘書技能検定
  • TOEIC
  • ビジネス能力検定
  • 実用英語技能検定

卒業後の進路

航空業界、ホテル、旅行会社、海外添乗員、鉄道会社、通訳案内士(英語・中国語)、エンターテイメント(テーマパーク等)、イベント(国際会議・企業フェアやコンサート等の企画)、官公庁(県、市町村の観光課等)、在日公館(本国観光局の在日事務所等)、ブライダル産業、卸売・小売(デパート・商社等)、メディア(TV局・新聞社・出版社等)、情報通信(情報通信会社)、物流(陸運・海運・空輸・港湾・空港)、金融(銀行・証券・商社・保険・信販等)、各種サービス(人材コンサルティング・セキュリティ等)、各種製造業〈企画・販売・国際部門等〉(自動車・鉄鋼・電力・住宅機器・ハイテク産業等)、外資系企業(各種業種等)、公務(国家公務員・地方公務員)、海外活動(NGO・NPO・在外公館・海外留学等)、進学(国内外の大学院)

  • 在学生の方へ学内ポータルサイトログイン
  • 卒業生の方へ証明書の請求方法について
  • お問い合わせ先一覧

ページのトップに戻る